梅島の個別指導塾 学習塾 【英才個別学院 梅島校】 就職率は改善しているが…

こにちは!英才個別学院梅島校室長の富田です。

日本の景気が好転してる影響で、若者の就職率が改善しています

就職活動

文部科学省が5月17日に発表した資料によると、今年の3月に卒業した人の就職率は以下の通りです。

①大学(学部)卒:93.9%(前年比0.3ポイント増)

②短大卒:94.7%(同5.2ポイント増)

③専門学校卒:94.3%(同0.8ポイント増)

④高卒:95.8%(同1.0ポイント増)

大卒では女子の就職率が94.7%で男子の93.2%を上回りました。

企業は草食系の男子よりたくましい女子を好むということでしょうか。

また、文系の就職率が93.4%なのに対し、理系は96.2%となっています。

今も昔も理系有利の状況は変わらないようです。

ただ、就職率が改善されたからといって、自分が望む業種や企業に採用されるかというと、必ずしもそうではないようです。

リクルートホールディングスが4月23日に公表した興味深い調査があります。

2014年3月に卒業予定の大卒求人倍率です。

求人倍率とは仕事を探している人、1人当たりに何件の求人があるかというものです。

求人倍率が1を超えると仕事を探している人よりも求人数が多いということになります。

全体の求人倍率は1.28倍と前年とほぼ同水準だそうです。

ただし、業種によるバラつきは大きいようです。

例えば、アベノミクスで公共事業が増加している建設業の求人倍率は4.77倍もあります。

一方、円安で回復傾向にある製造業ですが1.31倍にとどまっています。

流通業は4.76倍と高いのですが金融業は0.18倍、サービス・情報業は0.41倍しかありません。

高卒者でも業種による新卒採用に差があるようです。

厚生労働省が発表した平成25年3月時点での高卒者の業種別充足率を見てみましょう。

充足率とは求人数に対して実際にどれだけが採用されたかを示すものです。

充足率が高いのは電気・ガス・熱供給・水道業(93.7%)、金融業(91.5%)、複合サービス業(80.2%)です。

低いのは建設業(42.6%)、不動産業(41.2%)、医療・福祉(36.6%)などです。

製造業全体の充足率は77.3%とまずまず高いのですが、内訳をみると最も高い科学工業(91.1%)から最も低い繊維工業(63%)まで差があります。

実は世界規模でみると若者の就職難は続いています

世界経済は2008年のリーマン・ショックから穏やかに回復しつつありますが、15歳から24歳までの若年層の失業率はなんと12%と高いのです。

日本の若者の就職状況は今後、どうなっていくのでしょうか?

毎日、教室にやってくる子供たちの顔を見るにつけ、心配せずにはいられません。

*****英才個別学院 梅島校 概要*****

【授業時間】17:00~21:25

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

【申込方法①】当教室のホームページからお問い合わせください。

http://www.eisai-umejima.com/contact.php

【申込方法②】当教室までお電話ください。03-5888-1400(14:00~21:00 日曜休み)

 

カテゴリー: 教室情報 タグ: , , パーマリンク