学力テスト、難しかったですか?

昨日、全国の小学6年生と中学3年生を対象に、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が実施されました。

難しかったでしょうか?

今回の全国学力テストは国語、算数、数学がそれぞれ基本問題のAと応用・思考力をみる問題のB、加えて理科が実施されました。

英才個別学院梅島校に通っている中学3年生に尋ねたところ、

「数学のB問題が難しかった」

「理科はまったく自信がない」

といった声が聞かれました。

数学のB問題は方程式や関数といった、昔で言う「代数」の出題はほとんどなく、図形を中心とした「幾何」の問題が多かったですね。

例えば、閉じた状態から開くと立体が浮かび上がってくるポップアートカードの問題。

学校で勉強した平行四辺形になる条件を実際の工作に応用する問題ですが、見慣れない問題のためにとまどった生徒が多いようです。

理科はすべてが観察・実験の分析に関する問題でした。

H27学力テスト理科

上のような実験結果のグラフから読み取る問題、皆さんはできましたか?

これまでの全国学力テストも身近な生活な場面を題材にした問題が数多く出題されてきました。

全国学力テストは学校の定期テストの問題とは趣を異にします。

「学校の成績には関係ないからできなくてもいい」

こうは思わないで下さい。

定期テストのように試験の範囲が示され、出題されそうな問題が分かっていれば、毎回良い手数を取れる生徒がいます。

しかし、中にはちょっとひねった問題になると手も足も出ない、という生徒もいます。

定期テストの点数は良いのに模試の成績は振るわないという生徒がその典型です。

模試の成績が悪い生徒は、恐らく全国学力テストの成績も悪いはずです。

中学3年生はこれから受験勉強を始めます。

学校で学んだ基礎知識を駆使して応用問題を解けるようになることが求められていくのです。

そうした応用力を独学で身に付けていくことが可能でしょうか?

高校受験に不安のある中学3年生の皆さん。

是非一度、英才個別学院梅島校に話を聞きにいらしてください。

中学3年生がいまやるべきこと、夏までにやるべきこと、夏休みにやるべきこと、秋にやるべきこと、そして受験前の冬にやるべきことを、分かりやすくご説明します。

志望校に合格するためには明確な設計図が必要です。

英才個別学院梅島校には、どの塾よりも優れた設計図を提供できる自信があります。

そして、その設計図通りに組み立てていくために万全な支援体制を整えています。

*****英才個別学院 梅島校 概要*****

【授業時間】

<月~金>

①17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

①15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

【お問い合わせはこちらから】

①当教室のホームページからお問い合わせください。

http://www.eisai-umejima.com/contact.php

②直接、教室までお電話ください。

03-5888-1400(14:00~21:00 日曜休み)

 

カテゴリー: 教室情報 タグ: , , , , パーマリンク