進化する「英検」

中高生を中心に、年間230万人が受検する英語検定試験(英検)が変わり始めています。

「英検」はこれまでどちらかと言えば「国内向け」のイメージがありました。

例えば海外留学や外資系企業の採用条件には、米国の「TOEFL」などの資格試験の点数ががよく活用されています。

一方、英検は高校や大学の受験の際に加点要素として使われうことは多いのですが、それ以外の面では目立った存在ではありません。

そこでより国際的に注目を浴びる検定試験に脱皮しようとしているのです。

英検を実施している公益財団法人「日本英語検定協会」は10月3日、豪州政府と高校生の留学に関する協定を結びました。

英検で海外留学

日本の中高生が豪州の公立校へ留学する際、英検準2級なら同国の高校1年生のクラスに、英検2級なら高校2年生のクラスに留学できるようになりました。

さらに、英検の結果を国際基準規格の「CEFR」と比較できるサービスを9月から開始しました。

日本英語検定協会のホームページにアクセスして自分の英検の得点を入力すると、国際基準でのスコアが表示されます。

小学生の受検者まで増えつつある英検ですが、今後、さらに取得熱が高まりそうです。

英才個別学院梅島校でも生徒に対し、英検の受検を大いに勧めていますし、英検対策の授業も承っております。

*****英才個別学院 梅島校 概要*****

【授業時間】

<月~金>

①17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

①15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

【お問い合わせはこちらから】

①当教室のホームページからお問い合わせください。

http://www.eisai-umejima.com/contact.php

②直接、教室までお電話ください。

03-5888-1400(14:00~21:00 日曜休み)

カテゴリー: 教室情報 タグ: , , , パーマリンク