日本の中学校の先生は忙しすぎる

今日、新聞各紙が朝刊でOECD(経済協力開発機構)が実施した国際教員調査の概要を報じました。

OECDに加盟する34の国・地域の中学校の教員を対象に、勤務環境などを調べたものです。

日本の中学校の先生の忙しさが明らかになりました。

日本の先生の勤務時間は1週間あたり約54時間です。

加盟国・地域の平均約38時間を大きく上回り、最長です。

教員の勤務時間

約54時間の勤務時間のうち授業に使ったのは17.7時間で、これは加盟国・地域の平均19.3時間を下回りました。

その代わり「課外活動の指導」は7.7時間で平均の2.1時間を上回り、「一般的な事務業務」は5.5時間と、こちらも平均の2.9時間の2倍近くになっています。

授業以外の仕事が山積している日本の教員像が浮き彫りになりました。

日本では女性の先生の割合が少なく、加盟国・地域のなかで唯一、5割を下回りました。

いま日本政府は女性の社会進出の後押しを構造改革の目玉に据えていますが、教育の現場でも女性の先生を増やすなどして、十部な教員数を確保する必要がありそうです。

*****英才個別学院 梅島校 概要*****

【授業時間】

<月~金>

  1. 17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

  1. 15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

【お問い合わせはこちらから】

  1. 当教室のホームページからお問い合わせください。

http://www.eisai-umejima.com/contact.php

  1. 直接、教室までお電話ください。

03-5888-1400(14:00~21:00 日曜休み)

 

 

カテゴリー: 教室情報 タグ: , , , , パーマリンク