自校作成問題、共通化の行方

こんにちは!英才個別学院梅島校室長の富田です。

都立高校のうち上位の高校は、国語と数学、英語の3教科について、それぞれの学校が独自に作成した入試問題を採用してきました。

今年の2月に実施された入試から上位15校を以下の三つのグループに分け、それぞれのグループで共通の問題を使用することになりました。

進学指導重点校…日比谷、戸山、青山、西、八王子東、立川、国立

進学重視型単位制高校…新宿、墨田川、国分寺

併設型高校(中高一貫教育)…白鴎、両国、富士、大泉、武蔵

ただし、一部の問題を各校独自に作成した問題に差し替えることが可能とされました。

では、どこまで共通の問題を使用し、どの辺りを独自問題に差し替えたのでしょうか?

ホームページで公開されている日比谷高校と戸山高校の入試問題を検証してみました。

国語は共通問題が多かったものの、英語は全都立高校共通のリスニング以外、全く違った問題でした。

日比谷と戸山の差異

数学も共通だったのは作図と空間図形だけでした。

【日比谷高校の平面図形の問題】

日比谷・大問3

【戸山高校の平面図形の問題】

戸山・大問3この他の高校の問題も今後調べるつもりです。

そして、以前の完全独自問題と比べて難易度が変わったのかどうかを検証する必要があります。

*****英才個別学院 梅島校 概要*****

【授業時間】

<月~金>

①    17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

①    15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

【お問い合わせはこちらから】

①    当教室のホームページからお問い合わせください。

http://www.eisai-umejima.com/contact.php

②    直接、教室までお電話ください。

03-5888-1400(14:00~21:00 日曜休み)

 

 

カテゴリー: 教室情報 タグ: , , , , パーマリンク